第49回 日本膵・膵島移植研究会 Japan Society for Pancreas and Islet Transplantation

新着情報

ご挨拶

第49回 日本膵・膵島移植研究会
当番世話人 小玉 正太
福岡大学 医学部 再生・移植医学講座

避暑の候、会員の皆様におかれましては、益々御健勝のこととお慶び申し上げます。
一昨年度はコロナ感染症対策の初動として、残念ながら予定していました研究会の開催中止を決定致しました。しかしこの度、2022年3月4日(金)から3月5日(土)の二日間、電気ビル共創館「みらいホール」にて第49回日本膵・膵島移植研究会を再度開催させていただくことになりました。このような伝統ある研究会をお世話させていただく大役を頂き、大変光栄に感じています。また本研究会の開催に際し、再度ご推挙頂きました世話人の先生方、日頃ご指導とご支援をいただいております会員の皆様に厚く御礼を申し上げます。2021年7月現在、オリンピック開催までなんとかたどり着きましたが、未だ感染症対策としましては予断を許さない厳しい状況にあります。ただ一昨年度福岡での研究会開催の中止を決定した身としては、今回の研究会では是非とも皆様に福岡へおいで頂き、対面で開催をしたいと思い準備致しております。

福岡での開催は許斐康煕教授(九州大学) が主催された第13回(昭和63年)をはじめとして、今回で5回目の開催となります。私自身について振り返りますと、小野順子教授(福岡大学)が主催された第26回(平成11年)の研究会で学位研究の発表をさせて頂いて以来、本研究会を通じて諸先輩方にご指導を賜り育てて頂きました。そしてこの間に、膵臓移植、膵島移植そのものだけでなく、インスリンポンプの発達、幹細胞移植研究の発展、異種移植実現のための細胞・組織工学や遺伝子工学の進歩など大きく変化してきました。

今回テーマは失われた一昨年度の研究会開催を取り戻すべく前回同様の「膵・膵島移植医療と代用治療の今後の展望」とさせていただきました。そのような時代の移り変わりの中で、幹細胞・異種移植治療や組織工学的手法など革新的で次に目指す治療や、現行の移植医療とともにインスリン治療の進歩をふまえ、統合された医療とは何かを問えればと考えています。

2022年は日本膵・膵島移植研究会が学会へ昇格する記念すべき年となっています。またポスター同様にコロナ禍の憂いが晴れ、今後の糖尿病治療の展望につきまして、光の道と同じく新たな道標が敷かれることを祈念しております。多くの方々にご参集いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年8月吉日

開催概要

【テーマ】
膵・膵島移植医療と代用治療の今後の展望


【会期】
2022年3月4日(金)・5日(土)


【会場】
電気ビル みらいホール


【当番世話人】
小玉 正太(福岡大学 医学部 再生・移植医学講座 主任教授)

第49回 日本膵・膵島移植研究会ポスター

プログラム・日程

準備中…

演題募集

募集期間

2021年10月1日(金)-11月15日(月)12月6日(月)まで再延長しました。



募集内容

〇ワークショップ(公募)
1. 膵臓移植医療の今後の展望
 膵臓移植も数多く行われるようになってきており、これにより明らかとなってきた課題、そして今後の展望について
実践的な視点から演題を募集します。

2. 膵島移植医療と代用治療の今後の展望
 膵島移植の現状と研究の先端について、また、膵島移植に代わる新規臓器に関する研究などの演題を募集します。

上記のどちらかのテーマを選択して下さい。ワークショップとして採択出来なかった演題につきましては、一般演題
もしくはアワードセッションでのご発表をお願いする場合があります。

〇一般演題(公募)
膵臓移植・膵島移植に関する臨床・基礎に関する演題を広く募集いたします。
膵臓移植・膵島移植に携わる方はもちろんのこと、当該治療にご興味のある糖尿病内科の先生方からの演題もお待ちしております。

<アワードセッション>
 一般演題の中から選出された優秀な演題は、2日目(3月5日)のアワードセッションでご発表頂きます。このセッションは「基礎」「臨床」「看護・コーディネート」の3部門から成り、各部門から研究奨励賞を1演題選出し、賞状と奨励金を授与いたします。
第45回より、膵・膵島移植の臨床に従事している医療スタッフの優秀な研究発表を顕彰するために、「看護・コーディ ネート」部門が新設されましたので、膵・膵島移植に関わる医療スタッフへの演題応募勧奨にご協力頂きますようお願い申し上げます。



演題登録方法

演題はホームページからのオンライン登録のみとなります。

【演題登録要領】
 ① 演題名:80文字以内(全角換算)
 ② 抄録本文:800文字以内(全角換算)
 ③ 登録可能な最大著者数(筆頭著者+共著者):20名まで
 ④ 登録可能な最大所属施設:10施設まで
 ⑤ 写真、画像、グラフや、表は添付できません。
 ⑥ 目的・方法・結果・結論を含んだ内容でご記入下さい。
 ⑦ 抄録集印刷時にページ体裁を整えるため、レイアウト等を編集させていただく場合がありますのでご了承下さい。



演題の採否

 演題の採択、発表形式、発表日時は、第49回日本膵・膵島移植研究会当番世話人にご一任下さい。



個人情報について

 ご応募頂きました個人情報は、第49回日本膵・膵島移植研究会の運営目的以外での使用はいたしません。



利益相反(COI)の開示について

 日本膵・膵島移植研究会では2016年より医学研究の利益相反(COI)に関する指針を施行しております。 ご発表の方は、日本膵・膵島移植研究会「COIに関する細則・指針」をよくお読み頂き、演題発表時、発表スライド2枚目(演題・発表者紹介スライドの次)に、COIの状態についての開示をお願いいたします。 開示スライドは以下よりダウンロードの上ご使用下さい 。





演題登録



参加登録

準備中…

リンク

福岡大学医学部再生・移植医学講座
 〒814-0180福岡市城南区七隈7-45-1


日本膵・膵島移植研究会

アクセス

お問い合わせ

大会事務局

福岡大学医学部再生・移植医学講座
〒814-0180 福岡県福岡市城南区七隈7-45-1



運営事務局

ジーイングス株式会社
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4丁目8-15


お問合わせ先:アンプロデュース株式会社
〒810-0001 福岡市中央区天神4丁目4-30天神西江ビル6F
TEL:092-401-5755 FAX:050-3488-2962
E-mail:info-jpita49[@]gakkai-hp.com ※[]を外してメール送信ください。

© Japan Society for Pancreas and Islet Transplantation All Rights Reserved.