マイページはこちら

第12回福岡県透析医学会学術集会は、昨年に引き続きハイブリット形式にて行いましたが、165名の先生に参加していただき盛会となりました。慣れない開催形式ではございましたが、皆様のご協力とご支援をいただき大きなトラブルもなく、つつがなく終了することができました。
参加いただいた先生方、ご関係の皆様には心より厚く御礼申し上げます。

第12回福岡県透析医学会学術集会・総会
代表幹事 中野 敏昭

新着情報

ご挨拶

 第12回福岡県透析医学会学術集会を開催するにあたり、誠に僭越ではございますが代表幹事としてご挨拶させて頂きます。本会を九州大学で開催させて頂くことを大変光栄に存じますとともに、福岡県透析医学会会長の平方秀樹先生、福岡県透析医会会長の金井英俊先生をはじめ、幹事の先生方に心より感謝を申し上げます。

 九州大学腎臓研究室は、1976年に藤見惺先生が初代研修室主任として就任された際に、尾前照雄教授のご指導のもと、九大病院で透析療法を行う体制を整えられ、腎疾患治療部を設立されました。以来、小野山薫先生、奥田誠也先生、平方秀樹先生、鶴屋和彦先生と引き継がれ、福岡地区における腎臓病学、透析医学を実践し、多くの腎臓内科医を輩出しております。2018年1月より私が研究室主任を務めてさせていただいており、若輩者ではございますが、九州大学で2回目の福岡県透析医学会学術集会の開催させていただきます。

 年に1回の学術集会であり、本来は対面での討論が望ましいところではございますが、昨年より続く新型コロナ感染症はいまだに収束のめどが立たず、開催時の感染状況を予測することは難しく、昨年に引き続き対面とWEB視聴の両方で参加可能なハイブリッド形式で行う予定としております。長期間にわたる透析医療現場での感染対策、コロナ感染者に対する対応、ワクチンの接種など、多くの苦労を重ねながら透析医療を支え続けてこられた先生方の御努力に敬服致しております。このような状況のなかでの学術集会ですので、特別講演として、福岡県透析医会会長の金井英俊先生より、新型コロナ感染症対策と腎代替療法に関してご講演頂き、更に、九州大学病院グローバル感染症センター長の下野信行先生より、今後のコロナ感染症対策の展望についてご講演頂く予定と致しております。

 また、昨年度より発売されました腎性貧血治療薬であるHIF-PH阻害薬は、新しい作用機序の薬剤ですので慎重に使用されている先生方もいらっしゃると思いますが、徐々にその有効性が実証されてきております。ランチョンセミナーでは、現在急速に新展開している腎性貧血の最新の話題について、名古屋市立大学腎臓内科学教授の濱野高行先生にご講演頂く予定としております。

 今年もコロナ感染症が流行し、感染対策に追われながら透析医療を支えておられる先生方が多くおられることと存じます。そのような中、本会が少しでも先生方の日々の御診療のお役に立てますように、そして県内の先生方の一人でも多くの方にご参加いただき実りある場となりますように願っております。

第12回福岡県透析医学会学術集会・総会
代表幹事 中野 敏昭
九州大学大学院医学研究院 病態機能内科学
九州大学大学院医学研究院 総合コホートセンター 准教授

開催概要

【会期】
令和3年11月14日(日)


【会場】
九州大学医学部 百年講堂 大ホール


【会長】
平方 秀樹(福岡腎臓内科クリニック 院長)


【代表幹事】
中野 敏昭(九州大学大学院医学研究院 病態機能内科学、九州大学大学院医学研究院 総合コホートセンター 准教授)

プログラム

プログラムの詳細はこちらからご確認ください。



詳しくはこちら(PDF)

演題募集

一般演題を募集いたします。
下記にあります「演題応募方法」等をご参照のうえ、期日までにご応募ください。



演題募集期間

2021年7月1日(木)~ 7/31(土)2021年8月10日(火)まで延長
募集を終了しました。ご登録ありがとうございました。



演題応募方法

インターネットによるオンライン登録のみです。まずは、本ページ下部の「演題登録はこちら」ボタンから、マイページのアカウントを新規登録いただき、登録後の自身のマイページより演題を登録ください。保存後、締め切りまでは、登録内容の訂正が可能です。



重要 必ずお読みください

入力内容の保存方法、投稿の方法について
* 『保存』ボタンは、演題登録画面の最下部にございます。
* 『保存』をクリック後、次画面で入力内容をご確認のうえ、必ず『保存確定』をクリックしてください。これで、入力内容が「保存」されます。
* 投稿時は、『投稿』ボタンをクリックし、次画面で入力内容をご確認のうえ、必ず『投稿確定』をクリックしてください。これで、演題が「投稿」されます。



演題について

1)抄録は以下の要領にて作成してください。
・演題名:全角50文字
・抄録本文:全角800文字
※Microsoft Wordの左下に表示される「文字数」は、正確な「全角」文字数より少なく表示される場合がありますので、当システムでの入力した状態で、演題名・本文とも文字数制限内で、末尾まで正しく登録されているかを必ずご確認ください。

2)本文について
・抄録は和文のみ
※抄録集掲載の都合上、抄録レイアウトを事務局にて調整させていただく場合がございます。予めご了承ください。

3)入力時の注意事項
・英字および数字はスペースを含め半角で入力してください。
・丸付き数字、ローマ数字、半角カタカナ、機種依存文字は使用しないでください。
・Microsoft Wordファイルで装飾した文字をそのままコピー&ペーストしていただくと装飾(太字、イタリック、アンダーライン)が自動的に外れますので、装飾をご希望の際は抄録入力欄上部にあります編集パレットボタンをご使用ください。
・登録可能な最大著者数(筆頭著者+共著者)は20名まで、筆頭著者の登録可能な最大所属施設数は10施設までです。
・機種依存文字が含まれますと、正常に送信することができない恐れがあります。
例:半角カタカナ、丸数字、ローマ数字、カッコつき漢字「(日),(株)」や単位 「cm,kg」などを全角1文字で表す特殊文字



登録内容の確認・修正・削除

保存登録の場合は、登録内容の修正は、「会員マイページ > 演題登録・編集ボタン」より何度でも可能です。
投稿は、必ず『投稿確定ボタン』をクリックしてください。
『投稿確定ボタン』をクリック後の演題の削除(取下げ)は、本部でのみ行えます。
ご希望の際は本部までご連絡ください。



演題の受領通知および採否通知

演題登録完了後、抄録登録通知がご登録のメールアドレスに配信されますので、必ずご確認ください。登録演題の採否通知は、ご登録のメールアドレス宛にお送りいたします。採否および発表形式につきましては、会長に一任ください。



演題登録方法に関するお問い合わせ

下記までメールでお問い合わせください。
E-mail:info@g-ings.com



演者・座長の先生方へのご案内

1.進行情報

発表時間は以下の通りです。指定された時間内での発表をお願いいたします。



特別講演1講演:30分・質疑応答:5分
特別講演2講演:30分・質疑応答:5分
ランチョンセミナー講演:40分・質疑応答:5分
一般演題発表:7分・質疑応答:3分

円滑な進行のため、時間厳守でお願いいたします。



2.座長の先生方へ(学会当日は学会会場にご来場ください)

担当セッション開始予定の10分前までに、会場内前方の「次座長席」にご着席ください。
質疑応答の時間帯では、①会場の参加者の先生方からのご質問と、②ウェブ視聴者からのチャットによる質問の両方を、演者の先生にご質問ください。尚、ウェブ視聴者が直接演者に質問することはシステム上できません。



3.発表者の先生方へ(学会当日は学会会場にご来場ください)

I.会場での受付要領と発表環境について

1)学会当日に発表データの受付を行います。セッション開始30分前までに「PC受付」で試写を行ってください。試写・確認が終わりましたら、発表時間の10分前までに会場内前方の「次演者席」にご着席ください。
※受付用メディアはUSBフラッシュメモリーをご持参ください。
※リモートでのご発表はできませんので、ご理解とご協力をお願いいたします。
※メディアは最新のウイルス駆除ソフトでチェックしてください。
※受付用メディアには発表データ以外は入れないようにしてください。
※WEB開催の為、データでの受付にご協力をお願いいたします。
※お預かりした発表データは、会期終了後、運営事務局にて責任をもって消去いたします。

2)会場ではWindows10をご用意しております 2010/2013/2019で作成ください。
Macintoshでデータ作成された場合は、ご自身のノートPCでのご発表になりますので、必ずご自身のノートPCをご持参ください。

3)動画を含む発表データをご持参される方は、Windows Media Playerの初期状態に含まれるコーデックで動作する形式でご用意ください。

4)画面のサイズは16:9(ワイド画面)で作成をお願いいたします。そのほかの縮尺で作成された場合には、スクリーンに表示する場合にずれが生じる可能性がございます。当日受付の試写で事前にご確認ください。

5) フォントはOS標準のもので作成ください。
例)Century, Century Gothic Times New Roman, MS 明朝, MSゴシック

Ⅱ.発表について

1)一般口演では発表者ツールの使用はできませんので、必要な際は、発表データのプリントアウトを各自でご準備ください。

2)演台上には、モニター、キーボード、マウスを用意いたします。

3)演台に上がると最初のスライドが表示されますので、その後の操作は各自でおこなってください。
※タブレットなどのタッチパネルの使用はできません。

参加登録

現地参加・WEB参加 共通事項

1.参加申込み

今回の大会においては、学会WEBサイト(https://gakkai-hp.com/fsdt12th/)の”マイページ”からの事前登録のみとなります。
*事前参加登録を行うためには、”マイページ”のご登録が最初に必要となります。
マイページをご登録後、マイページから参加費のお支払いをお願いいたします。
*現地参加、ウェブ視聴、いずれをご選択される場合にも、参加申し込みはWEBサイトからお願いいたします。



マイページのご登録はこちら

2.参加費

お支払いは、クレジットカード決済(VISA/MASTER)のみとなっております。コンビニでのお支払いではなく、極力クレジットカードにて決済ください。
なお、当日学会会場ではお支払いできませんのでご注意下さい。

【WEB聴講の方法について】
マイページより事前参加費をお支払い完了いただいた方には、2021年10月20日(水)以降に、マイページTOP画面に、「Zoom視聴入口」ボタンが表示されますので、必ず事前にご確認いただき、当日はそちらより、ご視聴ください。



会 員1,000円
非会員3,000円
研修医1,000円

※会員とは福岡県透析医会の会員(施設会員は非会員となります)のことです。日本透析医学会の会員のことではございません。福岡県透析医会の年会費を納めていない方は会員ではないので、選択の際にお間違いないようにお願いいたします。マイページを作成する際に会員、非会員を選択していただくことになりますのでご留意ください。

【参加登録】
参加登録をお支払いの方は、事前にマイページのご登録をお願いしております。
下記ボタンより、マイページの新規登録をお願いいたします。



マイページのご登録はこちら

※参加資格:福岡県透析医会の会員もしくは、会員のもとで研鑽を積んでいるもの
※「研修医」で参加登録される場合には、参加登録・参加費支払い手続きと併せ、yamada.shunsuke.944@m.kyushu-u.ac.jpにタイトル「参加登録・研修医」と記し、下記の証明書を添付して、E-mailでご提出ください。



証明書ダウンロード(Excel)

3.単位について

1)日本透析医学会の専門医制度における更新および新規申請に必要な単位(5単位)

2)日本医師会生涯教育制度の単位(3.5単位)いずれも参加登録いただいたうえで、配信プログラムの視聴をもって取得可能です。

※「日本医師会」の生涯教育講座の3.5単位の取得を希望される先生におかれましては、
1) お名前 (よみがな)
2) 医籍登録番号
3) 生年月日(西暦)
4) ご所属の施設
5) 県内会員、県外会員、非会員のどれに該当されるかにつていの情報を、
方法1) yamada.shunsuke.944@m.kyushu-u.ac.jpに電子メールでご返信いただくか、
方法2) 下記の申請書にご記入の上、九大病院の腎疾患治療部(FAX: 092-642-5846)にFAXにてご提出ください。
当学会で取りまとめて福岡県医師会に本学会終了後に申請いたします。



申請書ダウンロード(Word)

4.参加証明書・領収書について

WEB参加の方には、2021年11月下旬頃にご登録いただいた住所へ送付いたします。

※確実にお届けするため、ご住所には部署名、建物名、階数・部屋番号等まで正確にご登録ください。
また、住所変更の際は速やかに下記オンライン登録サポートデスクまでご連絡ください。
※団体名での領収書が必要な場合は、会期終了までに送付された領収書を切り離して事務局に郵送ください。
引き換えに、領収書を発行させていただきます。



1)領収書に記載する宛名(個人名のみまたは所属先など)

2)送付先のご住所

3)参加区分 ※会員 or 非会員 or 研修医



※参加証明書・領収書の再発行はできませんので大切に保管してください。



5.参加登録の取り消し・返金について

●ご入金後の取り消し
参加登録完了後の取り消しは、お受けいたしかねます。
お支払いいただいた参加費は、いかなる理由があっても返金には応じかねますので、予めご了承ください。



参加登録に関するお問い合わせ先

第12回福岡県透析医学会学術集会・総会 オンライン登録サポートデスク
〒812-8582 福岡市東区馬出3–1-1
九州大学病院腎・高血圧・脳血管内科
Tel:092-642-5843 Fax:092-642-5846
E-mail:yamada.shunsuke.944@m.kyushu-u.ac.jp

アクセス

お問い合わせ

運営事務局

九州大学病院 腎・高血圧・脳血管内科 担当:山田 俊輔
〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
Tel:092-642-5843 Fax:092-642-5846

© The 12th Annual Meeting of the Fukuoka Society for Dialysis Therapy